2016.1.27(Wed) 長靴を買いに

不動前駅が私を呼んでいました。
『日本野鳥の会』の長靴をゲットしようと取扱店を調べていたら、野鳥の会の本拠点にも在庫があるとのこと、取り扱っている店に行くよりは野鳥の会の本部に行ってみた方が面白そうだなと場所を調べてみると、なんと『こばやし』から歩いて5分!激しく不動前からお呼びがかかる私なのでした。
 
まずは先に詣でてから日本野鳥の会に潜入するとしよう!
 
ということで何度行ってもガラガラと入店する直前に背筋が伸びる思いでGO。きっちりと詣でます。
 

 
ビールの飲みすぎで疲労した内臓を優しくケアするには、この一択『ザ・タンメン』
 

 
わぁ!

ご覧ください!この美しいタンメンを!この湯気を!

 
ということで、タンメンビールにて胃腸をリセットしてから向かった『ザ・日本野鳥の会』。
テクテクと歩きながらいかにこばやしが素晴らしいかを反芻しながら、そしてやはり今日も
『自分の信じた道をコツコツと。それでいいんだぞ!』と勇気づけられて前向きな気持ちいっぱいに満たされながら
 

 
山手通りの信号を越えて地図を見ながらテクテクテク。
山手通りからちょいと奥に入ると。
 
あ!
 


確かにこのビルの中に日本野鳥の会はある。そう書いてあるけれど、本当にこのような会社ばかりのビルディングの中に長靴が売っているのだろうか。それに気になる丸和油脂とはいったい何の会社だろうか。不安が不安を呼びます。その不安を解消すべく調べてみると、
 
丸和油脂は、給食マーガリンの会社のようでした。おぉぉ!一気に近くなった!

ということで、気持ちを切り替え思い切ってエントランスを進んでいってみると集合ポストが
 

 
 
かわいい!ここ好き♪

ということでいい集合ポストに満足しながらエレベータに乗り込み3階へ
 
 


おぉぉ!ここが日本野鳥の会の入り口か。
 
果たしてここに長靴は本当にあるのだろうか・・・。
 
 

2016.2.13(Sat)ディープワールド

 いやはや、先日のライブが終了してから深く深く潜っておりました。
もちろん肝心な『ザ・詣で』は済ませましたが。
 

 

おぉぉ!いつだって安定のお味。
あぁ今日も美味しいなぁと感動しながら、心の中で『おぉ神よ、先日の演奏も演目<創業大正12年>もお客様に受け入れてもらえました。ありがとうございました。』と告げながらステキな時間を過ごしたのでした。
 
そしてその後、深く深く、かなり深~く潜っていましたらなんともう土曜。あまりにも深く潜り過ぎていました。

 
深く潜っている間にダイオウグソクムシの5号たん(No.5)は脱皮していました。同じ深い世界なのにダイオウグソクムシNo.5は脱皮でニュースにまで取り上げられているなんて。なんだかものすごい差を見せつけられてしまったような気がします。
 
私もただ深く潜っているだけではなく、脱皮ばりのパフォーマンスを見せねばなるまいよ、と思ったのでした。
 
 

2016.5.26(Thu)昇段した!

気がつけば相当長いこと詣でられていなかったのです。
ということでここは強引にでも行かねば!と久しぶりに詣でてきました『ザ・中華こばやし』
 
不動前駅下車です。
 
攻玉社の優秀なみなさまがウロウロしています、なぜならお昼休みだからでしょう。
でもこれは我が詣でとしてはちょっとよくないのです。なぜならばお昼のコアタイムにかかってしまうと何十年も通っているプロのこばやしファンのみなさまの席を奪ってしまうことになりますからね。
そんなわけでいつもコアタイム前に行っているのですが、どうも出遅れてしまったのでした。
 
さて、攻玉社高校の脇のゆるい坂道を上りかけたところで視界に飛び込んできたのが黒塗りの車でした。
 

 
あっ来てるな!
そうです。こばやしに運転手付きの黒塗り車でやってくるどこかの企業の会長っぽい方がいるのですけれど多分そのチームだ。なんて思いながら足早にお店に入ってみると、
 

いたいた!いました!
おエライさんたちが子供のように嬉しそうに食べていました。そしてですね、ここでちょっとすごいことが起こったのです。
 
ほぼ満卓と言っていいほどの店内、どこにねじり入ろうかなと思っていたらおかみさんが
 
『こっちいいよ~』
 
と暖簾をめくって手招きしているではありませんか。
 
これはもしや!
 
そうです、黒帯の常連さんがよく店内を通過して入っていく未知のゾーン、神聖なるエリアです。
 
『舞台裏で悪いわね~』
 
と、通してもらえたのした。いきなり有段者に昇段の瞬間です。こんなことなら正装でくるべきでした。
 
通されたその未知なる神聖エリアは、普通にこばやし家の食卓です。『みたい』ではなくリアルに『夏休みのおばあちゃんち』でした。もうサイコー!そして
 
『これ良かったら食べてねー』
 
と、タッパーに入った梅を出されて超ご満悦。しかも大将とおかみさんの働く姿が新しいアングルで見られるという特権付きです。
 
キッチンの奥の木枠の窓が開けられてていい風が入ってきます。花柄のビニールクロスを敷いたテーブルには漬物とお孫さんの写真、そしてテレビはNHK。奥には世界地図が貼られていました。
 
めっちゃ居心地いい~
 
ここで宿題をやり、麦茶を飲み、そしてそのままそこで夜ごはんも食べて『お風呂に入りなさい』と促されて入って、またそこで麦茶を飲み寝る。
そんなシーンが普通に想像できるパラダイスです。
 
ということで、このステージの高いパラダイスゾーンにて食すこばやしのラーメン。
照明から垂らされた長い紐の先にくくりつけられた小さな熊がゆらゆらと揺れ、それが規則的に私の頭にコーン!コーン!と当たりながら食べるラーメンは超格別でございました。
 

 
食べ終わって、奥から暖簾をくぐってお店のホールに出たときに、少し注目された私はかなり得意顔だったと思います。
 
 
 

2016.8.8(Mon)みんな待ってた

半月ほど前に私は品川区西五反田5丁目にてフリーズしていました。
あ、西五反田5丁目っていうのはアレですよ、『中華こばやし』ね。ところがね、なんとその日のこばやしは今まで見たこともないような姿で全貌を閉ざしていたのです。
一体何があったのかと、そして店先にも何のアナウンスもなく途方に暮れながらケータイで検索してみるとどなたかが『こばやしの夏の予定』と画像をアップしていて、そこには
 
   お知らせ
 
     来る8月1日より8月16日までの約2週間
     長期休業致します
     よろしくお願い申し上げます
 
                    店主拝
 
なんとこれが店内にしばらく貼り出されていたそうです。ライブだなんだであまり詣でられていなかったからなぁ。
ということでお休みというそれはそれは悲しい日だったのですが、昨日は17日。『よっしゃ〜!ここはトップバッターで詣でるぞ!』と張り切って出かけたのでした。が、ちょっと張り切りすぎて到着が早すぎました。やむなく攻玉社高校の真ん前のローソンにてしばし涼つつ、もうよかろうとGO。
 

 
いつものこばやしです。待ってました!
 

 
暑々を熱々にて制します。『やっぱコレだな』と大満足して去り際よくお店を後にしたのですが、お店を出てちょっと進んだ時に黒塗りの車がものすごい勢いで私の横を通過していきました。
 
あっ。今のはもしかして・・・
即座に振り向くと案の定こばやしの前にその車は横付けされて、中から例の4人組が大急ぎでバタバタと出てきてそのままお店にササーッと入っていきました。
 

はは〜ん。やはりね( →コレです
そうです。こばやし大好き4人組、どこぞの企業のお偉いさん一派なのです。(あくまで私の予想ですが。)きっと会長たちも17日を心待ちにしていたのでしょう。会長室のカレンダーの17日には大きな赤マルが書き込まれていたに違いありません。
そして運転手さんは道中4人組に『早く!早く!』と促され、だから閑静な住宅街であんなに爆走していたのでしょう。止まった車から出てくる4人組は刑事ドラマさながらの様子でございました。
 
みんな待ってたのね。
 
 
 
 

2016.10.27(Thu)何度来ても初回の感動

久々に詣でました。
あれだこれだ忙しいなどと言いつつ、しばし行かれていなかった自分。しかし、ブレのない美しい癒しを提供され大満足した私は、結果遠回しに喝を入れられた思いであります。
 
神よっ!あなた様は素晴らしすぎます。
 

 
いつどんなタイミングで訪れてもコレです、この美しさ。扉は今日も開いていました。
 

 
久々に詣でた本日は見事な秋晴れ。まもなく10月も終わろうとしているにも関わらずまだTシャツがちょうどいい、そんな本日。『中華・こばやし』は扉だけではなく窓も全開でした。
木枠の窓、ネジネジの鍵がぶら下がる昔ながらの窓は
『今日はね、快適な秋の空気を満喫しながらなんてどうでしょう?』
と言わんばかりにステキなエアーを取り入れています。もう、シャンゼリゼ通りのオープンキャフェどころではないですよ。そんなステキオープンキャフェをも上回る今日のこばやし。ゆるりぼんやりその空気にゆられながら、いつしか運ばれてきたステキなラーメンを食したのでした。
 
あぁ。
あぁぁ。
うぉぉー!!!
 
私がいかにここのところたるんでいたかを思い知らさるラーメンです。
 
美しいラーメン。澄み渡った味。それだけではありません。ふと目をやるとピカピカに磨かれた調味料の類。そしてオープンになった木枠の窓のサンはホコリ一つない・・・。完璧すぎる!!!というよりも私は姑かっ。いやはや。とにかくあらためてすべてに感動したのでした。
 
マスターの想いは私にダイレクトに伝わります。これは小さなことを日々コツコツと積み上げなければこうはならない、毎度同じものをブレずに出すということはそう容易いことではありません。私はうっかり見失っていた何かを大きく取り戻したのでした。
 
嗚呼、こばやしよ。やはりあなた様は私の心の師匠です。

ということで大大満足、中華こばやしから生き様を学ぶ秋の私なのでした。そして腹ごなしに歩いていたらなんと某メーカーの東京支部発見。こばやしの近くにあったとは!
 

 

 
 

2016.12.15(Thu)劇場『中華こばやし』

しばし詣でられていなかった『中華こばやし』。
そういえば自分の歌い方やらものの作り方やら、いろいろ迷走の日々だったのです。来る日も来る日も
あれっ? あららっ?
と自問自答してみたり人に強引に答えを求めたり、はたまたそれを強引に迷走回答にはめ込んでみたり。なかなかいろいろ一筋縄ではいかないものだなぁと。
そしてもう一つ思ったのが、『そういえばこばやしに行っていなかったぞ?』でした。
 
そうだそうだ、そうだった。詣でていなかったから私の軸がぶらぶらとしていたのかもしれないよ。ということでザ・生涯現役の『中華こばやし』に足取り軽くレッツゴー。
 

 
雨上がりのこばやし。目の前で行われる大規模工事の慌ただしさなどどこ吹く風、と言わんばかりにぶれることなくいつも通りそこに佇んでいたこばやしでした。
 
あいやー。ブレる私をいきなり悟すこばやしです。コレだ!コレだよ!
ということで出ばなからいきなり諭されながらの入店。いつもお昼のピーク時前を心がけているのですが、ちょっと出遅れてしまいコアタイムにさしかかろうというちょっと前の時間になってしまいました。すでに先客がおとなしく満足そうに食べている、表の大工事の騒ぎなど忘れてしまうくらいのこばやしワールドが繰り広げられていました。そんな中私は弱った胃腸をケアするために
 

 
タンメンです。
久しぶりに目の前にするタンメンのなんと美しいことよ。いつも通り丁寧に手入れされた包丁でシャッと切られた切り口美しいお野菜たちが輝いています。やはり神は細部に宿るのね!
テレビでは徹子の部屋にゲストで橋田壽賀子先生が登場していました。なんと90歳という驚き。若い、若すぎる。ということで橋田先生の若さとタンメンの美しさに感動していたところ
 
ガラガラー!『ラーメンチャーハン!』
と言いながら作業着のおじちゃんが入ってきました。そしてその後に
『おじさ〜ん、ワンタン麺〜』
と言いながら座るスキンヘッドのスーツ姿のお兄さん。
二人ともどうみても常連さん。お互いの職場のことを簡単に聞き合ったり阪神タイガースのことを話したりしていると
 
ガラガラー!『え〜と、ソース焼きそば大盛りね〜』
とまた一人スーツ姿のおじちゃんが入ってきました。
 
どうやらこのおじちゃんは作業着のおじちゃんと同じ会社の別部署の様子です。
 
『オレ4階のことよく分かんね〜からな!』『まぁなんとなくよぉ〜!』とつかみどころのない会話をしつつ、その間スキンヘッドのお兄さんと我が神が
 
『おじさーん、今年いつまでやんのー?』
『29までかなー、また新しい年が始まっちゃうなぁ〜嫌んなっちゃうよぅ』
『何言ってんのーまだまだだろぉ〜』
『そうかい?はっはっはー』
 
と、とってもやさしい会話をしており、おばちゃんはその後来た人に丁寧にお冷やを出して、ソース焼きそば大盛りのスーツのおじちゃんは出されたソース焼きそばにさらにソースを二回しかけて食べ始めていました。
 
なんという穏やかな世界。というよりも橋田壽賀子ワールドそのまんまなんじゃないかしら!気がついたら私の胃腸は復活し、気持ちのブレもどこか遠く彼方。
 
いつもとちょっとだけ時間をずらしたら新しい世界が見られたのでした。
 
 
 

2016.12.28(Wed)冬の餃子

私のオリジナルソング『冬の餃子』。
昨夜はピアノの和音を選びなおしておました。どの音が並ぶとより一層冬の餃子らしいのだろう。そう思って脳内に駅から足早に帰るたくさんの人を思い浮かべたり、寒空の下の中華屋を描いてみたりしていました。
 
中華屋と言えば私の場合は迷うことなく『中華こばやし』です。しかしながら『こばやし・夜の部』には行ったことがなく、そこは私の未知のゾーン。どんななのかなぁ・・・
すると、その時にとんでもないミラクルがおこりました。なんと『こばやし・夜の部』の写真届く!
 
強く思えば想いは伝わる。いやいや、コレはもうテレパシーレベルです。それくらいのただならぬタイミングとピンポイントで私に届けられた『こばやし・夜の部』の様子です。
 


『ひろこふぉ〜ん!私、また来ちゃったの』と。私が求めていた世界観をパッとナイスタイミングで届けてくれたのです。ご覧下さい、この中から溢れ出るあたたかな灯りを。まさしくコレなのです。
 
ということでその後ピアノの和音選びの時間がとってもとっても充実したのでした。
 
ああ、ステキ!
 
 
 

2016.12.29(Thr)年末の最終試験

冬の餃子の音作りの時に届いた『中華こばやし☆夜の部』の写真にスイッチを押され、昨日電車に乗って私も詣でてきました。

こばやし昼の部です。夜まで待てない私です。
北風が冷たい年末の昼前。前の建物の影のかかり方で季節感がより一層伝わります。夜の部の、あの情緒あふれる店内からの灯り。それとは違う清々しい昼のオープン直後の図です。
2016年の営業最終日ということですから、入る前に一旦背筋をしゃんと伸ばしてパンパン!そしてガラガラ〜っと入ると、いつもと同じ雰囲気です。今日もステキ!
 
テレビはNHK。正月料理の残りでこんなお料理ができるのよと、カズノコやら豆やらを駆使した日常のおかずのお料理番組が流れています。
お正月はこれからだけれど、あっと言う間に三が日が終わっているんだよな〜、だからこのお料理番組はある意味とっても正しいよなと思いながら、一年の締めくくりは基本形でバシッとしめようと決めて、

ジャジャーン!さぁ、どうぞ写真を拡大してご覧くださいませ。美しいねぇ、ホントに。
年末の忙しい時にも手を抜かず、キラキラと美しく輝きながらやってきたラーメンです
年の瀬に、改めて学ぶことが大きいなと目頭を熱くしながら食べました。美味しいよぅ〜
 
当然のごとく一番乗りした私、ラーメンが最終コーナーを曲がったあたりだったでしょうか、ガラガラっと2人組のお兄さんが入ってきました。
現場風の出で立ちです。そしてカウンターに座り何にしようかめちゃくちゃ悩んでいます。
すると次の瞬間に近所の会社員と思われる男性4人組が入ってきました。
空いていた4人席に座り、やはり何にしようかめちゃくちゃ楽しそうに悩んでいます。
そのまた直後に2人組が入店。その二人組は着席と同時にサッと注文をしていました。きっと来る道中に決めてきたのでしょう。
その間に私は食べ終わっていたし、一気に混んできたのでサッと出ようと思ったその時です。
 
『スイマセ〜ン!ラーメンチャーハン、あオレはタンメン!あとチャーハン!』
 
『こっちはラーメン半チャーハン!レバニラ定食!えーとご飯大盛りでー!』
 
『あーっ!オレもタンメンにするからタンメン追加ー!!』
 
『お会計、お願いしますぅ』
 
突如年末の我が神にとんでもない試練が立ちはだかっていました。これはどう考えても今年最後の試験に違いありません。しかもひっかけ問題ありありの。
みんな一斉にバラバラのものを注文する。これをさばけるのはきっと聖徳太子かこばやしのマスターくらいしかいないのではないでしょうか。
おぉぉ〜と震えながらガラガラと店の外へ出ると、中からカンカンカーン!と中華鍋を勢いよく振る音が聞こえてきました。
 
難問にも怯まずにガッツリ攻めておられる!かっこいい!
 
これぞ生涯現役だっ!